管理員日記


【2016年6月】

|今年の出来栄えは (2016/6/19)

 

去年も無事に大きく育ってくれた当館のひょうたんでしたが、

今年も気温の上がった4月半ば過ぎにプランターへ種を蒔き、

日当たりの良いところに出しておいたところ、勢いよく芽を出して

こんなにぐんぐんと大きくなっています(^^)ノ

この調子でどんどんつるも伸ばして大きくな~れ♪

 

ひょうたん1  ひょうたん2

 


 

 

|大型土器製作中! (2016/6/8

 

当館の地下倉庫でなにやら大がかりな作業が、、、、( `口´)ノ

こちらも火焔土器発見80周年記念事業のひとつ。

長岡土器造り同好会の方々による、巨大な王冠型土器が製作されているのです。

当館2つ目の大型土器です。

その大きさ、たてよこ高さそれぞれ実物の約4倍(64倍)!

出来上がると、約1m以上にもなるそうです。

 

大型土器1   大型土器2  

大型土器3   大型土器4

土器の文様など、すごい迫力に圧倒されますね~!

約2か月を目途に形を作り上げ、よく乾燥させて9月に行われる野焼きで仕上げるとのこと。

この大きさ、作るのも焼き上げるのもそれはそれは 大変な作業ですよね。

縄文人もびっくり?の現代の素晴らしい技術ですね(^^)


【2016年5月】

|こんなにたくさん (2016/5/26

 

コンテナ  コンテナ2

コンテナの中にきれ~に並んだ、こちらは。

当館の重要文化財「ミス馬高」土偶をモデルにしたもの。

美味しそうなお菓子みたいでしょうか? 粘土でできているのが惜しいっ

今年の火焔土器発見80周年事業のひとつ、「土偶チケット」です!

このたび新聞にも取り上げていただきました♪

7月の夏季特別展より配布の予定です(^^)   【*土偶入館券発行の詳細はコチラ】

 

ちなみに、土偶チケット作成風景はこんな感じ。

石膏の型へ粘土をつめて形をつくり、

土偶作成1  土偶作成2

 

細部の形を整え、模様を仕上げます

土偶作成3  土偶作成4

 

灯油窯で割れないよう慎重に焼き上げたら、

土偶作成5  土偶作成6

 

  はい、完成! 実物のモデルさんと比べるといかがでしょうか♪

  土偶チケット    ミス馬高

 

 


 

 

|きれいになりました (2016/5/17

 

花壇1  花壇2

花壇3  日々草

 

よく晴れた日曜日、関原地区のみなさまが毎年恒例の 「花いっぱい運動」で

当館駐車場の花壇へも、かわいらしい日々草を植えてくださいました。

車で来館されたお客様の目を楽しませてくれることでしょう♪

作業には関原中学校の生徒さんもたくさん参加されていて、

あっと言う間にこんなにきれいに!

ありがとうございました(^^)ノ

 

 


 

 

|祝・日本遺産認定!! (2016/5/6

 

  垂幕く

   

このたび、当館重要文化財「火焔土器」をはじめとした文化財や史跡を含む

新潟県内全60の文化財を一つのストーリーとした、

 

「なんだ、コレは!」信濃川流域の火焔型土器と雪国文化

 

が、めでたく日本遺産に認定されました(^o^)丿 【*詳しくはコチラ

皆さまに広く知っていただきたく、こんな垂れ幕を作成いたしました!

この機会にぜひ5000年前の日本文化源流の時代に触れてみられては いかかでしょうか。

 

 


 

 

【2016年4月】

可愛い入居者が (2016/4/2

 

三十稲場1  三十稲場2

巣箱  巣箱2

   

だんだんと春めいてきて、観察池のほとりにはつくしがたくさん生えていました。

そして当館へも入居者さま第1号が!

いくつか設置してある巣箱のまわりを飛びながら、様子をうかがっていたようでしたが、

その中のひとつに決めていただいたようで棒きれなどをせっせと運んでおりました。

嬉しいですね~。(ひょこっと顔を出す姿がなんとも(^^))

遺跡のまわりでは他にもセキレイやシジュウカラなどが姿を見せます。

まだまだたくさんの入居者さまお待ちしています♪

 

 

 

                        ↑上へ