管理員日記


【2016年3月】

雪解けと(2016/3/6

 

遺跡1  遺跡2

遺跡3  遺跡4

   

天気がよい日に遺跡の見回り。

馬高を覆っていた雪も今年は驚くほどはやく解けているようで、ところどころ大地が顔を出していて、

カンジキに頼らなくてもざくざく進めました。

木の皮をうさぎ達が餌にけずった跡も見えたり。

別の木の枝先にはぎゅっとしたつぼみの姿も。暖かい春もすぐそこですね。

 

そして、こわごわ林の方を見上げると、、、、

そうです、杉の「アレ」もよく見えました((+_+))グスン

 

 

 


 

 

【2016年2月】

どんな模様かな(2016/2/17

 

押型文様1

 

押型文様2

   

縄文時代早期の中ごろに、流行したといわれる土器表面の飾りの一種「押型文様(おしがたもんよう)」

鉛筆のような丸い棒状に文様を刻んで土器の表面に転がして、広い範囲に同じ文様を繰り返し押しつけた飾りです。

現代でいうスタンプでしょうか?

粘土と木材で再現してみました。山型、楕円型、当館オリジナル型あり(^^)

直径1センチの丸い木材に細か~い模様を彫るところはなかなか根気と器用さのいる仕事。

押型文土器、新潟県内では信濃川上流地域や妙高山麓周辺で発見されているそうです。

約8000年前の素晴らしいアイディアですよね(^^)v

 

 

 


 

 

【2016年1月】

謹賀新年(2016/1/11

 

   一筆せん     

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

   聖火台

今年は、当館の重要文化財「火焔土器」出土80年の節目にあたります。

そして昨年からじわじわときている(と思われる!)縄文ブームに加えて、オリンピック年でもあります。

世界中で盛り上げる祭典を熱く楽しみながら、いよいよ4年後に迫った、

「東京オリンピック・パラリンピックの火焔型土器を聖火台へ」の実現へ向け、当館も例年以上に気合を

入れて取り組み、この節目の年を皆さまと一緒に盛り上げていきたいと考えております。

 

   縄文楽検定

まずは縄文の世界への第一歩として、 こちら! 楽しく学ぼう「縄文楽検定」(受験料無料!)へ

挑戦してみてはいかがでしょうか(^o^)丿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                        ↑上へ