管理員日記

【2012年9月】

|イベントの作品 (2012/09/15)

 

作品1  作品2  作品3

日頃、縄文館のイベント、ワークショップに参加して頂いて有難うございます。

皆さんのつくられた作品は今、どうなっていますか?

写真は「アンギン編み」のコースターに「縄文土器」の鉢カバーです。

中の植物は、すべて「縄文の森」から採集してきました。

こんな使い方はいかがでしょう。

 

*「長岡土器造り同好会」の「超大型火焔土器」は予定通り9月21、22、23日に野焼きします。

皆さんお見逃しの無いように。なお、天候により延期をすることもあります。

実施の不明な時は馬高縄文館にお尋ねください。

 


【2012年8月】

|巨大土器 (2012/08/27)

 

 土台  文様付け  下部完成

待機中

年が明けてすぐ、1月中旬に始まった「長岡土器造り同好会」による

巨大火焔土器作り、ついに完成し、縄文館の「野焼き広場」にて来月

21、22、23日の3日間に渡り、野焼きすることになりました。(雨天順延)

現在は、当館の地下倉庫にて待機、乾燥中です。

たぶん二度とは見られない貴重な体験になることでしょう。

ぜひ皆さん、お誘い合わせの上、見学においで下さい。

 


【2012月7月】

|観察池近況 (2012/07/23)

 

水辺  ヤゴ  モリアオガエルの卵

ザリガニ

このところの雨降りで、観察池の水量が、ようやく復活しました。

それとともに池の「生き物」も活発に動き出しました。

春に生まれたと思われる1センチくらいのメダカの群れ、羽化したばかりの、

色々な種類のトンボ、そして、水の落ち口には立派な姿をしたザリガニ、

モリアオガエルの卵も見られました。