管理員日記

【2011年6月】

|けむた~い! (2011/6/1)

 

竪穴住居から煙  燻蒸中

ゴールデンウィークが終りお客様が少なくなったある日、竪穴住居の燻蒸をしました。

一斗缶に杉葉を入れて燃やしました。

火が上がらない様に煙を出さなくてはいけません。

燻蒸により、かやを強くし虫退治にもなります。

かやが飴色になるまで、1週間に1回位が理想です。


【2011年5月】

|春爛漫 (2011/5/20)

 

カメラ片手に縄文館の周りを歩いてみると…

観察池の辺りでは、暖かい太陽の光の下でたんぽぽが気持よさそうに咲いています。

カエルも元気よく合唱しています。

春の訪れを体全身で感じられるさわやかな朝でした♪(^^)♪

たんぽぽ 観察池

 


 

|大型火焔土器の土器焼き (2011/5/17)

 

当館のイベント「縄文土器づくり!(上級コース)」の講師の先生方々(長岡土器造り同好会)が

同好会を作られて10周年を記念して作られた、高さ65cmの火焔土器を当館土器焼き場で

5月22日(日)(雨天の場合は中止)に焼き上げる予定になりました。

大型なので上手に焼きあがるかな?

講師の先生方々がガンバッテ、チャレンジです。

この火焔土器が完成したら、さらに大きい高さ120cmクラスの火焔土器にチャレンジする予定だそうです。

粘土で作る大きさとしては、あまりないそうです。

ガンバッテください。

巨大な火焔土器  高さ65cm

 


 

|名物「縄文なべ」です (2011/5/13)

 

4月29日にイベント『縄文時代のくらし体験!』が開催されました。

その中の1つ、火おこし体験「縄文土器で煮てみよう」では、

当館名物『縄文なべ』が振る舞われました。(味噌仕立て豚汁風)です。

皆さん、復元住居の脇に腰をおろして舌つづみ、喜んで頂きました。

縄文なべ 調理場 煮炊き

土器

十年以上も前から使っている土器です。

縄文もきれいで、使い勝手も大変良いです。

今回も、これで作りました。

 

 


 

【2011年4月】

|みなさんの参加をお待ちしています (2011/4/8)

 

縄文館の職員さんが、4月からの土器づくりイベントの粘土を準備しました。

粘土練りは大変な作業ですが、参加される方々の事を考えながら、いっしょうけんめい粘土を練りました。

粘土練り  粘土練り

みなさんのご参加を職員一同おまちしております。