管理員日記

【2010年12月】

 

| 越冬中です (2010/12/28)

 

メダカ

エントランスホールの、今年生まれたメダカ達です。

雪が消えたら、観察池に放流の予定です。

観察池

最近の池の様子です。

この下にヤゴ、メダカ、サカマキ貝、カワニナ他、

沢山の水生昆虫が春を待っています。

 


初雪 (2010/12/22)

 

遠景  除雪機

とうとう今年もこの季節がやってきました。

積雪量は市街地よりやはり多く、35cm以上ありそうです。

除雪機も初出動です。

今の私たちの暮らしは、道路は除雪車に消雪パイプで春(?)のように。

家は高気密・高断熱・二重サッシ・エアコン・ヒーターの生活でも、

冬はやはり寒く、風邪もひきます。(風邪はウイルスが原因か?)

雪をかぶった復元中の竪穴住居を見ると、縄文人は寒かっただろうと思います。

 


冬支度 (2010/12/15)

 

冬支度

寒くなってきましたね。

県内でも初雪が降りました!とニュースで放送されました。

縄文館も雪に備えて雪囲いをしました。

これで、いつ雪が降っても大丈夫(^^)です!!

と思っていたら本日、馬高遺跡に初雪がふりました。

これから、本格的な冬がはじまりますね。

 


巣箱を付けました (2010/12/5)

 

巣箱  設置した場所

「縄文の森」や「観察池」では一年を通していろいろな野鳥が見られます。

春、ヒバリの群やキジの親子がいました。 ツバメもここで子育てをしていました。

冬は、雪の上にもたくさんの足跡がみられます。

ここで「野鳥の観察会」が出来るといいですね。

 


 

【2010年11月】

秋の収穫祭 (2010/11/26)

 

どんぐり  トチノミ

11/7(日)のイベント「縄文クッキーづくりにチャレンジ!」は午前・午後の部とも大盛況でした。

クッキーの材料のとちの実、クルミが藤橋遺跡の管理員さんから届きました。

藤橋で採れたものです。 どんぐり(クヌギ)もあります。

大量にあるので、少し風に当てるために広げてみました。

来年のクッキー作りが楽しみです。


手作り看板 (2010/11/17)

 

手作り看板  関原祭り

今年の関原楽市産業まつりに縄文館も初めて参加させていただきました。

土器作り&土版作りの体験コーナーです。

前を通るお客様に縄文館のブースだとわかりやすくするため看板を作ってみました。

焼いて木目をだした板に土版と発泡スチロールで作った名前を貼りました。

手作りで味のあるいい看板ができた♪

…と製作した私たちは思っていますが、いかがでしょうか(^^)


竪穴住居復元3 (2010/11/14)

 

縄文時代の住居跡の上に復元住居を作る為の基礎工事が始まりました。

昔の住居跡の位置を確認してそれを保護する為に埋戻しをし、その上に

コンクリートを流し鉄筋棒で基礎部分を作っています。

コンクリートを流す  基礎部分をつくる

予定通り工事が進んでいます。 少しづつ楽しみが大きくなって来ています。

 


秋・縄文の森 (2010/11/10)

 

枝降ろし後

遺跡保存会の皆さんに依り、

縄文の森の「枝おろし」作業が行われました。

ご来館の折は、森の中まで足を踏入れて

フッカフカの落葉の感触と美しい秋の森の

散歩を、お楽しみ下さい。

紅葉の森 ふかふかの散歩道