長岡市立科学博物館 Nagaoka Municipal Science Museum

休館日
毎月第1・第3月曜日
(祝日等の場合は翌日)
12/28〜翌年1/4
開館時間
AM 9:00 〜 PM 5:00
入館はPM 4:30まで
TEL
0258-32-0546
FAX
0258-36-7691

まちの文化財をみつけにいこう

馬高・三十稲場遺跡

 馬高・三十稲場遺跡(長岡市関原町1丁目)は、信濃川左岸の段丘上にある縄文時代の大規模な集落跡です。「遠藤沢」と呼ばれる小さな沢を挟んで、東側に中期(約5,000~4,000年前)の馬高遺跡、西側に後期(約4,000~3,000年前)の三十稲場遺跡が位置しています。特に「火焔土器」発祥の地として全国的に著名であり、昭和54年には両遺跡の約45,000㎡が国史跡に指定されました。また、最初に発見された「火焔土器」は平成2年に国重要文化財となり、平成14年にはその他の主要な土器・石器等を合わせた300点が重要文化財の追加指定を受けています。

 長岡市では、馬高・三十稲場遺跡を史跡公園として活用するため、整備事業を進めており、縄文時代の文化や生活を学習・体験できる場を市民の皆様に提供したいと考えています。 馬高・三十稲場遺跡のそばには「馬高縄文館」を設け、「火焔土器」を含む多数の出土品を展示し、縄文時代のムラの様子や暮らしぶりを解説しています。
 史跡馬高・三十稲場遺跡と馬高縄文館にぜひご来場ください。

ホームページ http://www.museum.city.nagaoka.niigata.jp/umataka/
所 在 地 長岡市関原町1丁目
TEL 0258-46-0601もしくは科学博物館へ(Tel:32-0546)
地  図
長岡市立科学博物館 Nagaoka Municipal Science Museum
〒940-0084 新潟県長岡市幸町2-1-1